HOME > カジノゲーム別ルール・無料ゲーム > ブラックジャックのルール・遊び方

ブラックジャックのルール・遊び方

ブラックジャックは、自分とディーラーが1対1で戦うトランプゲームです。
トランプの合計が21に近い方が勝ちとなり、同じテーブルに何人のプレイヤーがいても相手はディーラー1人です。また、合計が21を超えてしまうことを「バースト」と言い、超えた時点でそのプレイヤーは負けとなります。 いろいろな攻略法や必勝法などもあるので、たくさんの楽しみ方のあるトランプゲームです。 覚えると本当に楽しいので、ぜひルールを覚えてカジノの花形ゲーム「ブラックジャック」を満喫してください!


ジパングカジノ

ジパングカジノですぐにプレイできます

入金をしなくても、専用クーポンコードで35ドルがもらえて、
ライブゲームを含む本番プレイがすぐに楽しめます。

ジパングカジノの体験日記・遊び方  ジパングカジノ公式サイト


ブラックジャックを試してみよう!

ライブブラックジャック

ジパングカジノのライブブラックジャックで快勝!

プログレッシブブラックジャック

高額当選狙いながらブラックジャック

ブラックジャック

初めてでも安心ブラッックジャック



トランプの数え方

ブラックジャックでは、トランプの数え方に以下のような特徴があります。

●2から10までは、そのまま数えます。
●絵札のJ、Q、Kは、10と数えます。
●A(エース)は、1もしくは11の、どちらか好きな方で数えます。

A(エース)は、プレイヤーの都合の良い数字として数えることができ、途中で、切り替えることもできます。13種類のトランプを上手に使って、「21」に近づけるようにしましょう。

2~10 まではそのままの数字でカウント

J,Q,Kは「10」としてカウント

A は「1」または「11」都合のよい数字でカウントしてよい。


アクションのやり方

ここではジパングカジノのブラックジャックを例に説明します。
全プレイヤーが賭け金を決定すると ディーラー(親)がカードを配り、配り終わった段階でプレイヤーはアクション(行動)ができるようになります。

カードが配られる

アクション(行動)は・・・何をすればいいの?

カードが配られた後、プレイヤーは自分の配られた2枚のカードをできる限り「21」に近づけるためにカードを追加したり、受け取らずに勝負するという行動をします。

アクションの段階で、手持ちの数字が「21」を超えることを「バースト」といい、その時点で負けが確定となり、賭け金が没収されます。

ルール

全てのアクションが終わった後は・・・

参加しているプレイヤー全員のアクションが終わったら、ディーラー(親)のカードが開かれます。この時の合計が「16」以下の場合、ディーラーは追加でカードを引きます。これは、合計数が17以上になるまで引き続けます。

ディーラーのカードが17以上になった段階でカードを引くのをヤメ、プレイヤー(自分)とディーラー(親)の合計数の、「21」に近いほうが勝ちとなります。

ゲーム結果


プレイヤーの動き方

ディーラーがプレイヤー全員に2枚のカードを配り終わった段階で「アクション(行動)」ができるようになります。基本的なアクションは、ヒット、スタンド、ダブル の3つです。ゲームの種類や条件によってはもっと色々なアクションができるゲームもあるので、使い方を覚えて様々なゲームを楽しみましょう!

基本的なブラックジャックのアクション

ヒット

ヒット

カードを1枚、追加することができます。

スタンド

スタンド

手元の数字でディーラーと勝負します。

ダブル・ダウン

ダブル・ダウン

「次の1枚のみカードを引く」という宣言でベットを倍にして追加できます。ただし、ダブルダウンした後は、再度カードを引くことはできません。ディーラーがバーストしそうな時に使いましょう。

アクション

最初に配られた2枚のカードが合計「10」の場合、新たにカードを1枚、追加すると「21」に近づけることができます。このように、あと1枚カードを追加するとプレイヤー(自分)が有利になると感じた時にダブルダウンは有効なアクションです。

次にご紹介するアクションは条件によって可能です。

スプリット

スプリット

最初に配られた2枚のカードが
同じ数字だった時にできるアクションです。

2枚のカードを1枚ずつ分けて、新たにカードをもらいます。

スプリット

2枚来たカードが同じで、かつそれがプレイヤー(自分)に有利になりそうなときはぜひスプリットをして倍プッシュにチャレンジしましょう!また最初のカードが「A・A」のときは、大チャンス到来!カードを2枚に分けて、次で絵札(10カード)がくるよう祈って、「21」を2つ完成させましょう!

インシュアランス

インシュアランス

ディーラーの1枚目のカードが「A」だった時にできるアクションです。

これは「保険」という意味で、ディーラーがブラックジャックだった時に、賭け金が戻ってきます。インシュアランスをする時は、その時ベットしている額の半分のチップが必要です。

インシュランス

ディーラー(親)のオープンカードが「A」のとき、ベットした金額の半分を使って、「負けてしまった場合の保険」を賭けることができます。インシュアランスに賭けていれば、ディーラー(親)がブラックジャックでも元々賭けていた金額は取られることがなく戻ってきます。しかし、ディーラー(親)がブラックジャックでなかった場合、インシュアランスに賭けていた金額は没収されます。

インシュアランスの豆知識

インシュアランスに成功しても差し引き 「ゼロ」です。

成功する確率も低いので、ディーラーのオープンカードが「A」でも
インシュアランスをしないで勝負するのがオススメです。


これからご紹介するアクションは遊ぶゲームによって可能です。

ブラックジャック サレンダーで使えるアクション

サレンダー

サレンダー

最初の2枚受け取った時点で「勝てない」と感じたらサレンダーすることで、賭け金の半分をディーラーに渡しゲームから降りることができます。(手元にはベットした金額の半分が残ります。)

サレンダー

最初に配られた2枚のカードが「15」の場合、ヒットしてカードを追加すると「21」を超えて、負けてしまう可能性があったり、ディーラー(親)のオープンカードによってはそのままの数字で勝負しても不利なときがあります。
このような負ける確率が高いカードの場合には、無理に勝負しても損害を大きくするだけなので、撤退する勇気も持ちましょう!損害を少なくするためにも、サレンダーを有効活用して、賭けた金額の半分だけでも戻ってくるようにした方が良いこともあります。

サレンダーの注意点!!

最初の2枚から新たにカードを追加すると「サレンダー」はできなくなります。
サレンダーは最初の段階でしかできないアクションです。
最初の2枚のカードが微妙な時は素直にサレンダーしましょう。


ブラックジャック スイッチで使えるアクション

スイッチ

スイッチ

ブラックジャック・スイッチの場合は必ず、手持ちの2枚のカードを2つ使って、プレイしなければいけませんがスイッチをクリックすることで、お互いのカードを交換できるプレイヤーに有利なアクションです。

ブラックジャック・スイッチでは最初に配られた2枚のカードを2つ使って遊びます。
最初に配られたとき、片方に「A」が2枚あり、もう片方に「10カード」がある場合、交換することで「ブラックジャック」ができたり、「21」に近づけることができます。

カードを交換する

矢印

スイッチの注意点!!

新たにカードを追加すると「スイッチ」はできなくなります。「スイッチ」は最初の段階でしかできないアクションです。トランプを入れ替える判断は慎重にしましょう。



ジパングカジノ

ジパングカジノですぐにプレイできます

入金をしなくても、専用クーポンコードで35ドルがもらえて、
ライブゲームを含む本番プレイがすぐに楽しめます。

ジパングカジノの体験日記・遊び方  ジパングカジノ公式サイト


【オススメ!!】 ハッピースター

ハッピースターのオススメポイント

  • 引き出しが早い!勝ったらすぐ現金化!
  • クレカ入金&ビーナスポイント完備!
  • カジノ大賞の「新人賞」受賞カジノ!

( ハッピースター 体験日記・遊び方はこちら )

【当サイト限定ボーナスのもらい方】

● 対 象 者 : 初めて有料プレー登録する方
● 開催期間 : 2017年2月28日まで
● 受取方法
  1. 当サイトから 公式サイト でそのまま登録

  2. 登録後、日本語サポート(cs@HappiStar.com)かチャットで申請します。
    例) 件名:35ドルのボーナス申請
       本文:必勝カジノオンラインから登録しました。
           35ドルのボーナス下さい。

    ☆これだけで、リアルプレイで使えるボーナス35ドルゲット!


無料ソフトでお試しプレイ!


▲ 上に戻る

トップ サイトマップ